<   2008年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

メリークリスマス

メリークリスマス!

今年は静かにすごしてるようですね。
平日なせいもあるのかな。

街中でチキンやケーキを売ってますが、人が並んでませんね。
売り込みの声もあんまり出してないし・・・

イベントはみんな昨日のうちに済ませちゃったのかな。

近くの工事現場で、クレーンからライトがぶら下がっておりました。
e0101868_091721.jpg

[PR]
by mkwnbhs | 2008-12-25 00:10 | 日常

開発の余地あり

昨日、今日とピラティスのパーソナルのセッション受けてきました。
普段は予約が取れない先生ですが、ホリディシーズンで本来のお客さんがいないため
空き時間にセッションしていただきました。

クラシカルではなく、ロン・フレッチャー・スタイルです。

だめだめでした(涙)。
足の甲なんてぜんぜん動きません~
筋肉が使えてないから、どんどんずれていくし(泣)
1時間ずーっと注意されっぱなしでした。

かかとではなく、くるぶしをくっつける。
腿の内側をくっつける。お知りは巻き込まない。
足の小指をめくる。

もう、いや~な汗がでまくりです。
冷や汗あぶら汗です。

まだまだ体で使えないとこが沢山あります。
開発の余地ありです。

分かってないことが、ほんと、沢山あります。
だから、やめられません。

終わりは無いものなんだよね~。
[PR]
by mkwnbhs | 2008-12-23 21:39 | ピラティス

ボブのクラス

先日、スタジオヨギーにて、ボブ・ライキンスのクラスに2コマ参加しました。

彼はNYのロマーナのスタジオでトレーニングをして、現在POWER PILATESのディレクターをしています。
温和で、なんだかかわいらしい方でした。
色々研究熱心な方みたいで、ジョセフピラティスの研究者って感じの方でした。

ジョセフピラティスの指導しているフィルムも紹介してくれました。
もともとワークアウトとして、男性のボクサー、格闘家などにやって欲しかったみたいです。
それが、ダンサーに広がってしまったそうです。

ボブさんお話してくださいました。
そもそも、ピラティスは人の名前です。
10年ほど前に、アメリカで裁判があり、ピラティスは登録商標のような物ではなく、
ヨガなどと同じ普通名詞である、と判断が下されました。
その結果、ピラティスがある特定の人の物ではなく、広くみんなに知れ渡るようなになりました。その反面、誰でもつかっていい言葉のため、いろんな物に何でもピラティスとつけられるようになってしまいました。
ジョセフ・ピラティスは1880(?)1883年に生まれた人です。
お弟子さんはまだご存命の方もいます。
ヨガなどに比べると歴史はまだ浅く、たどることができます。
ピラティスと呼ばれる物は、やはり、ジョセフ・ピラティスがやった物の事を言うべきでしょう。
お弟子さんが、ジョーから教わったり、フィルムで記録が残ってる物。
ちゃんとトレースできるものを「ピラティス」とよぶべき。

そのようなことを言ってました。

確かに納得。
最近はいろいろあり、ヨガとあわせてヨギラティス、
タンゴダンスとあわせて、タンゴラティスなるものもあるそうです。

みんな色々考えてますね。

こういう歴史的な話も聞けてとても楽しい時間でした。


e0101868_2293229.jpg

[PR]
by mkwnbhs | 2008-12-19 02:29 | ピラティス

岡本太郎

井の頭線の改札のところに、岡本太郎の壁画が展示されてます。
以前、ほぼ日糸井新聞で修復の様子などを読んでました。
いつでも見られる場所に展示されて、ありがたいことです。
足を止めて見上げる人が沢山います。
e0101868_203939.jpg

[PR]
by mkwnbhs | 2008-12-19 02:00 | 日常

快晴

今朝はきれいに晴れました。
昨日の雨で空気もきれいに洗い流され、富士山がきれいに見えました。
e0101868_841567.jpg

[PR]
by mkwnbhs | 2008-12-06 08:42 | 二子玉川

シンガポール

シンガポール、行ってきました。

ロン・フレッチャーおじいちゃんのWSに参加できてとても幸せでした。
87歳です。
WSの参加者は、シンガポールだけではなく、
日本、韓国、香港、インドネシア、オーストラリアから50名以上集まってました。
参加者はみんな黒のタイトな服装です。
ロンおじいさんへの尊敬とrespectに包まれた雰囲気です。

ロンおじいさんの言葉一つ一つに重みがありました。
とてもお茶目です。
冗談もよく言って笑ってらっしゃいました。
それにしっかり動いて見本を見せてくれました。
もう、すごいとしか言いようがありません。
こんなに動けるおじいちゃんいる!?
87歳とは思えませんでした。

しかし、厳しいとこは厳しく。たまに激怒してました。
「私をcharm(喜ばせ)しなくていいから、しっかり動いてるところを見せなさい。
みんな遠いところからわざわざ来てる、私もアメリカから来てるんだから。」
「全身を使ってしっかり最後まで動かしなさい。」
「余計な動きはしなくて良い。」
「呼吸をちゃんと聞きなさい。動きにメリハリを。」
「脳みそもつかいなさい。」

「教師」としての姿勢をとても考えさせられました。
この場所に参加できてとても幸せでした。
思い切ってシンガポールまで行ってよかったです。
e0101868_0295375.jpg




ワークショップの翌日は、現地スタジオでのグループにも参加させてもらえました。
スタジオはオーチャード通りからちょっと入ったところです。
かなりいい場所ですね。

朝は現地インストラクターのダニエルさんのクラス、
現地のお客さんたちに混ざっての参加です。
フレッチャーピラティスは、いろんなパターンがあって実に面白いです。
いわゆるクラシックなピラティスはエクササイズのオーダーが決まってます。
ハンドレットから始まって・・・
ダニエルさんのクラスはスタンディングで始まり、マジックサークルを使いました。
き、きつい!!!
けど楽しいっ!!!

午後からはディレクターである、キリアさんのクラス。
現地の教育プログラム終わった人たちに混ぜてもらいました。
スパインコレクターのクラス。
背骨をひとつずつ、丁寧に、おなかをしっかりつなげて動かします。
かなり難しい・・・
しかし終わったあとは実に気持ちが良かった。

ピラティスは体を全部使い、頭、脳みそもしっかり使います。
だから難しいです。
しかし、難しいからこそ、取り組む価値はあります。
その分、恩恵も大きいと思います。

今回学んできたことを少しでもシェアしていくようにしますね。
[PR]
by mkwnbhs | 2008-12-05 01:43 | ピラティス